Endymio Balladの詩 ~Sound Horizon賛美歌~

『枯れてしまった花の美しさ
それは 追憶と言う名の幻影
朽ちることなく永遠に咲き続けられる庭園
例え 気高く美しき薔薇でさえ
花である以上 枯れてしまった花には及ばない・・・』

そう、失った大切な物は記憶の中で永遠に輝き続ける。
枯れた花、死した人には何者も打ち勝てはしないのだ。
涙の枯れた人間は真の幸福に気づき得ない。
森羅万象表裏一体。
悲しみを知らぬ者に真の喜びは理解し得ない。
大切な者を失った時、
大切だと思えた自分を誇ろう。
人に裏切られた時、
人を信じた自分を誇ろう。

『辿りつく詩は夕闇に陽を灯し
枯れてなお花は凛と其処に咲く。
吹き荒れる悲しみの・・・
嵐が訪れ、全てをなぎ倒しても
大切なモノは絶えず此処に在る』

そう・・・大切なモノは今も絶えず此処に在るのだ。

『弱い自分に負けない為にも私は大切な人の名前を背負った』
[PR]
by aya_popo | 2005-07-15 13:02 |
<< れじぇんど・あや れっつ朝狩り >>